第4段・①-4【そば打ちと日本料理の職人養成所】《捏ねる》作り方

4段・①-4【そば打ちと日本料理の職人養成所】《捏ねる》作り方

『基本は水の入れ方なのです』

蕎麦粉と小麦粉の性質の違いにより水の入れ方

が違います。

蕎麦粉のタンパク質は、水に触れるとすぐに溶け、

膜のような防波堤を作り、水を浸み込ませない

ようにする性質あるのだそうです。

 

  • 蕎麦を捏ねる時、一度に加水すると水を大量

にとらえた部分と、乾いた部分が出来、均一に

ならないため、延ばしたときキズになり割れる

原因で切れてしまします。

 

  • 小麦粉は、水が浸み込むので少しくらいの

まだらな部分があっても、時間の経過で均一

になってしまいます。

うどんは捏ねてから寝かすと云うのです。

 

蕎麦は一度に水を入れてはいけません。

最初に三分の二ほどを入れ、両手の指先で切る

ように塊をほぐし、両手の平でやさしく粉同士

を擦りあわせて、全体が“粟粉“のような状態

にします。

 

残りの三分の二を同じ要領で入れますと、

「小豆粒」のようになります。

 

※「小豆粒」のような状態を≪ドウ≫と呼ぶ

こと「英語」があります。

 

水は残っていますが、これを使い切るか、

入れないかは、≪ドウ≫の少量を片手にとり

軽く握りしめてみる。

 

しっとりと固まり、形がくずれなければ、

加水は十分でしょう。

 

パラついたり、バサバサ感があるならば、

「振り水」のように直接、加水せずに全体に

振り掛けます。

 

※≪ドウ≫を握りしめて、ベッタリとするよう

では、水の入れ過ぎで後から蕎麦粉を足して、

堅さを調節しようとしてはいけません。

 

※玄人は『キラズ玉』と呼びます。

「切らずに」捨てるからです、蕎麦粉の性質

で述べたように後からの蕎麦粉は水がもらえずに

乾いたままで、固まりのなかで粘りがでない

ため切れてしまい、繋がらない原因になります。

 

あらかじめ「切らずに」捨てた方が良いと

いうことになるからです。

 

「切らず玉」を万一作りあげても、茹で揚げても

歯切れの悪い蕎麦になります。

 

それは「ナマ」の粉が残るためです。

加水は最後の一滴まで慎重にすることです。

 

しっとりとした≪ドウ≫がうまくできれば、

蕎麦作りの90パーセントは成功したようで

あります。

蕎麦店では、ここまでの工程を「水回し」と

いいます。

 

うどんの加水は、一度に入れても構わないです。

 

少しくらい粉っぽい部分があっても、寝かして

いるうちに解消します。

 

蕎麦の美味しさは、「水回し」と「くくり」で

ほぼ決まりです。

 

『木鉢3年・延し3月・包丁3日』と呼ばれる

“所以“です。

https://www.jittome-academy.jp/

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース