手打ちそば、茹で方の極意

184そば打ち「一日入門コース」実留アカデミー

手打ちそば、茹で方の極意

 

①茹でるのに充分な大きさの鍋を使う。

そばを茹でる際には、大量のお湯を使い

ゆったりと対流させて、その流れに

乗って茹で上がるのです。

 

②茹でる量は一人前で、ほぐすように

沸騰したお湯に入れることです。

 

麺同士がくっつくのは、湯に投入

した直後に起きるのです。

 

③麺を入れたら湯の中でほぐし

鍋の中で対流するまで、菜箸を

優しく使います。

 

④お湯が吹きこぼれないように

火力を調整します。

 

そばを茹でるときは、可能な限りの

熱を麺に与えることなのです。

 

吹きこぼれないように、火力を調整

して鍋の対流を維持することです。

 

http://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専門講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース