第4段・①-2【そば打ちと日本料理の職人養成所】《捏ねる》作り方

『木鉢3年・延し3か月・包丁3日』

 

《捏ねる》作り方

昨日の続きですが!!

蕎麦打ちを始めたばかりの人は、延ばしや包丁

の方が難しくて木鉢の作業は少しすれば、

出来るようになると感じるようになると思います。

 

『木鉢3年・延し3か月・包丁3日』⇒ 

『包丁3年・延し3か月・木鉢3日』

逆ではないか?と思われるかもしれません。

 

しかし、蕎麦打ちは前段階の作業がうまく

出来ていないと、後の作業が出来ません。

 

“延ばし”や“包丁”での挽回をすることが

出来ないのです。

 

いくら包丁が上手でも、“木鉢”の作業をおろそか

にしては、包丁での挽回は出来ないのです。

 

段階を追うことが重要です、“木鉢”の奥が

深いと思います。

 

季節によって、湿度や温度、蕎麦粉によって

毎回感触が変わり水加減の調整、練り具合、

蕎麦粉の種類や割粉などにより、変わります。

 

蕎麦打ちを初めて3年で木鉢が出来るようになり、

延ばしのスタートから3か月で、延ばしができる

ようになり、さらに3日もすれば包丁が出来る

ようになる、と云う意味ではないでしょうか!!

https://www.jittome-academy.jp/

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース