第3段・①-10《蕎麦がき》『蕎麦・うどん用語集』そば美学の伝道師

【そば打ちと日本料理の職人養成所】

《蕎麦がき》について

蕎麦がきは、“椀がき“と”鍋がき”がありますが、

今回は“鍋がき“を紹介します。

 

蕎麦粉にいきなり熱湯を加えますと、塊(ダマ)

ができてしまい、滑らかさが無くなって

しまい美味しくありません。

 

蕎麦粉と水の割合は、1対1でもよいですが、

好みにより柔らかめにしてください。

 

先ずは火にかける前に、蕎麦粉と水を良く混ぜ、

馴染んだところで火にかけながら良く混ぜると

できあがります。

 

ツヤが出るまで掻いて、そのまま「かけ汁」を

かけて食べてもいいのですが、小皿の縁に

杓文字で蕎麦を擦り付けて半月形にして、

餃子のような形を作り、熱湯の鍋に落とし

浮いたところを食べる。

 

もり汁でも良いし、山葵醤油も良いと思います。

https://www.jittome-academy.jp/

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース