第2段・①―10『鰹節と一口に言っても、種類は・』そば美学の伝道師

【そば打ちと日本料理の職人養成所】

『鰹節と一口に言っても、種類は・』

 

鰹節と一口に言っても、種類はたくさんあります。

 

鰹節のイメージは「本枯節」とも呼ばれる、

真鰹を原料として三枚に下ろされ更に半分に

裁断され、茹でて、10数回以上燻され日に

乾燥し、形を整え、五回~六回もカビを付けたり、

払い落とされたりを繰り返し出来上がったもの。

 

和食(日本食)の芸術品であると思います。

 

  • 最近では、鰹節を贈答品として送る人も

少ないと思います。

各家庭で鰹節を、鉋(かんな)をひっくり

返した道具を見ることも無くなりました。

 

  • 下ろしたての鰹節は、香りと舌にのせた時の

旨味、醤油との相乗効果で何に益しても

美味さの極致だと思います。

 

  • 味覚の伝承がなされなくなって来ている、

食育(子供が3才~5才)の内に

『和食(日本食)の芸術品』を是非覚えて

欲しいと願うばかりです。

 

食の便利さを求める中で、多くの人々が

アレルギー反応を起こしていると感じています、

添加物や防腐剤を使わない先人達の知恵を

後世に伝えて行かなければなりません。

https://www.jittome-academy.jp/

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース