第1段・⑧―2手作り蕎麦・うどんの薀蓄を語る、そば美学の伝道師!

【そば打ちと日本料理の職人養成所】

蕎麦を食べる時、汁をどこまで浸けて食べるか』?

蕎麦を食べる時、汁をどこまで浸けて食べるか?

これも蕎麦の薀蓄を語るとき、必ず出てくる

話です。

 

  • 蕎麦好きが、末期の言葉に『一度でいいから、

蕎麦を汁にたっぷり浸けて食べてみたかった』

と云う話があります。

下の方「尻尾の方」をちょっと浸けて食べる

だけが蕎麦通ではないでしょう!!

 

  • 藪系の生蕎麦で、細打ちで、茹でたての蕎麦

を食べるなら、辛口の『絡む汁』であるので、

蕎麦の下部の三分の一ほど浸けて啜り込む。

 

すると、始めに蕎麦の味があり、後から汁の

味が付いてきます。

 

  • 蕎麦の色が白くなるほど、汁は穏やかに

なってきますので、そのような汁ならば

ゆっくり(どっぷり)と浸けて、蕎麦も汁も

いっしょに味わえば良いと思います。

https://www.jittome-academy.jp/

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース