第1段・⑥―1手作り蕎麦・うどんの薀蓄を語る、そば美学の伝道師!

【そば打ちと日本料理の職人養成所】

『蕎麦と江戸・寺が深い関係は』?

日本人は白米を食べるようになってから、

脚気に悩まされていたと言います。

 

白米を食べる階級のみに限られていた

お公家さん、将軍家と上層武士階級など時代

が下がり、江戸周辺で製粉・精米が盛んになり

人々は白米ばかり食べるようになりました。

 

(玄米で食べるよりも白米にした方がだんぜん

美味しいです)

 

白米食のみ食べて、ビタミンB欠乏症に

かかった江戸人は本能的にビタミンBを含む

食品「蕎麦」を求めたのでしょう。

 

『江戸わずらい』と脚気を呼ぶほどで

ありました。

 

ビタミンBを豆類から摂取していた大阪人は

蕎麦を必要とはしませんでした。

 

江戸の末期の人口は現代の1/10以下なのに

現代の五千数百軒に対して、三、七六三軒と

比率で約八倍あり、そのほかに「夜鷹そば」

の屋台も無数にあったそうです。

 

そのために何かと「蕎麦」が習慣として、

江戸の生活に文化として根付いていきました。

 

引っ越しの時は、向こう三軒、両隣に蕎麦を

もってのご挨拶、冠婚葬祭にも振る舞われ

毎月終わりには「晦日蕎麦」・・・・・現代に

おいても地方では蕎麦が出されます。

 

毎年年末になりますと、大晦日・『年越し蕎麦』

の伝統行事のようになっています。

 

  • 伝統文化としての行事を大切に守って行き

たいです。

  • 「蕎麦切り」技術の伝承を次世代に伝えて

行くことが、自分の使命です。

https://www.jittome-academy.jp/

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース