第1段・⑤―2手作り蕎麦・うどんの薀蓄を語る、そば美学の伝道師!

【そば打ちと日本料理の職人養成所】

『蕎麦の文化は江戸で、うどんは関西なのでしょうか』?

 

何故・蕎麦は東京で、うどんは関西で現在も

好まれているのでしょうか?

疑問を持っておりました。

 

歴史から見る食生活と気候風土の違いから

蕎麦・うどんの住み分けが生まれたとする

考え方を知ってなるほどと溜飲が落ちた気

がします。

 

地球の気候風土で、小麦粉を主な澱粉とする

地域と、米を主体とする地帯があると知り

ました。

小麦は半乾燥地帯・米は湿潤地帯です。

 

日本では関東は雨水、関西では灌漑用水池に

頼る地域であります。

 

四国では弘法大師によって溜池と共にうどん

の文化がもたらされ、半乾燥地帯での

先進地域で中国から製粉技術が伝わり、

粉食文化が取り入られたのでしょう。

 

当時の小麦粉製品は上流階級か僧侶たちの

嗜好品であったようです。

 

「蕎麦」は雑穀として蕎麦がきや蕎麦かい餅

の形で庶民の食べ物であったようです。

 

江戸に政権が移り、都市化すると「うどん」

の文化がもたらされました。

 

北関東は小麦の産地ですが、大麦が主体で

あり大人口を賄うものはできなかった。

 

代わりに近郊には、蕎麦が取れたので小麦の

増量材として混ぜ込みうどんのように加工

するようになり江戸の庶民に好まれるように

なりました。

https://www.jittome-academy.jp/

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース