第1段・⑤―1手作り蕎麦・うどんの薀蓄を語る、そば美学の伝道師!

【そば打ちと日本料理の職人養成所】

『何故蕎麦やうどんは細く長くなったのでしょうか』?

【箸の文化】

これには箸の文化が大いに影響を与えたと

言われています。

 

  • 日本の米が粘り強いのは、パサパサの御飯

では箸にかかりにくい。

  • 刺身などもナイフ・フォークを持つ習慣が

なく、箸で摘める大きさに切られている。

  • うどんはすいとんにするより、うどんの方

が美味しい。

  • 蕎麦も蕎麦掻きも美味しいが、蕎麦切りの

方が余計に好まれます。

  • 製粉がおこなえて蕎麦粉も小麦粉も細く

長く加工し易くなったからでしょう。

 

【箸の文化】

小麦粉製粉や蕎麦も団子にするよりも、細く

長く加工すれば箸でつまみあげて口にくわえ

て、啜り込めば楽に早く食べること

ができます。

 

これにより、麺類は日本人に愛好されるよう

になってきたのでしょう!!

https://www.jittome-academy.jp/

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース