蕎麦美学のコンサルタント・(ご飯炊き)【その1-7】料理人への道

料理人への道、そして蕎麦打ち伝道師へ

(ご飯炊き)【その1-7】

(ご飯炊き)この経験と記憶が、

料理人への第一歩目のような気がします。

 

子供の頃、公園や神社に おじさんがやって

来ました。

 

「リヤカー」と呼んでいたと思いますが、

その荷台には・大きな筒状の網と本体には、

高圧をかけ・加熱して一気に解き放つと、

耳を(つんざく)様な巨大な音を立てました、

その頃は「トッカン」とよんでいました。

 

子供相手に笛を鳴らしながら来ていたようです。

母に小遣い銭をもらい、米を持っておじさんへ

今で云う、米ハゼを作ってもらい食べたものです。

 

お米もこの様な食べ方も昔からありました。

 

≪前回の続き≫

幼い記憶の中に、五右衛門風呂がありました。

 

丸い大きな鉄釜、大人一人がやっと入れる

大きさで直火炊きの風呂釜です。

 

湯船の上には、木の丸いスノコが浮かんで

いました、最初はなんでこんなものが入って

いるの?と萎靡かしげに思い見ていると、

これは足で沈めながら入るのだと言われました。

 

現在のように対流式であれば底は熱くは無い

が直火炊きなので、素足で入ろうものなら

足の裏が熱くて入れた代物ではないでしょう。

 

昔の人の知恵であろうと後になり、思い還し

ました。

https://www.jittome-academy.jp/

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース