蕎麦美学のコンサルタント・(ご飯炊き)【その1-6】料理人への道

料理人への道、そして蕎麦打ち伝道師へ

(ご飯炊き)【その1-6】

(ご飯炊き)この経験と記憶が、

料理人への第一歩目のような気がします。

 

幼い頃の微かな記憶、現在はものが溢れ

食べたい時にはいつでも手に入ります。

 

子供の頃の自分は、身体が弱くお腹を壊す

と「くずもち」や「こうせん」(麦こがし)

を手鍋でほんのり甘く、母が作ってくれました。

 

米粉で団子を作り、小豆餡で団子・汁粉に入

れたり・米の調理方法も先人からの伝承で今

があります。

 

家庭での調理が今の子供達に伝えられない

状態になってきていると危惧しています。

 

≪前回の続き≫

風呂から上がり楽しみの一つがありました、

それを楽しみに銭湯へ行くようなものでした、

当然風呂から出ると喉が渇く・牛乳である、

それも普通の牛乳ではなくコーヒー牛乳、

またはイチゴ牛乳でありました。

 

砂糖が入っているので甘い、瓶に入っており

蓋は紙で出来ている、飲み口にはビニールが

巻いてあり、それを取り蓋には小さく

取り出し口のような突起がでていました。

 

父親から、『冷たいから一気に飲むな!!』噛む

ように飲みなさいと良く言われた気がする喉

が渇いていてとても美味かった記憶あります。

 

冬は今とは違いとても寒かったです、

自宅に戻るまでに濡れタオルが凍って手拭い

も一本の棒のようになってしまう事もありま

した。

https://www.jittome-academy.jp/

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース