蕎麦美学のコンサルタント・(ご飯炊き)【その1-5】料理人への道

料理人への道、そして蕎麦打ち伝道師へ

(ご飯炊き)【その1-5】

(ご飯炊き)この経験と記憶が、

料理人への第一歩目のような気がします。

 

幼いころの体験と記憶は忘れないものですね!!

炊きたてのご飯の美味しさ、炊き込みご飯

・栗ごはん・ちらし寿司・御粥・麦ごはん・等々

さまざまなものが・・・脳裏に浮かんできます。

 

記憶の中、当時の日常風景は!!

当時、風呂は銭湯へ行くのが日課でした、

その頃は家庭風呂などほとんど無く皆、

銭湯通い夏は湯を沸かしてタライで行水、

汗疹には桃の葉を煎じ行水の湯の中へ匂いは、

きつかったが汗疹には良く効きました。

 

真冬の銭湯通いは辛かった、湯船に入る時の

熱いこと水で埋めようとすると常連の爺様に

叱られる、爺様が出た後少しずつ水で薄め

ながら入りました。

 

冬は寒いので手足が冷たく、とても風呂の

湯が熱く感じたものでした。

https://www.jittome-academy.jp/

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース