蕎麦美学のコンサルタント・(ご飯炊き)【その1-2】料理人への道

料理人への道、そして蕎麦打ち伝道師へ

(ご飯炊き)【その1-2】

水加減は手のひらをいっぱいに広げ米の上に

そっと押し当てる、研ぎ立てと暫く置いた

のでは米が水分を含むので水加減が違って

きます。

 

米の研ぎ立ては直ぐには火を入れようとは

しなかった、少なくとも20~30分間位は

そのまま置き、後に火を入れていたように

記憶しております。

 

忙しく時間の無い時などは少々熱めの、

お湯で同様にして直ぐに火を入れ炊いていた

ように思います。

 

『はじめチョロチョロ、中パッパ、

赤子泣くとも、蓋とるな』と云う

言い回しが有る。

 

内職で忙しい母は、夕方までに仕事を届けに

行かなければならないので私に釜戸の火加減

を見させ、出かけて行きました。

https://www.jittome-academy.jp/

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース