蕎麦美学のコンサルタント・(ご飯炊き)【その1-3】料理人への道

料理人への道、そして蕎麦打ち伝道師へ

(ご飯炊き)【その1-3】

『釜の蓋から湯気が上がり、煮汁が噴き

こぼれてきたら火かき棒で薪を取り出す

様にと!!

 

母が出かけ暫くすると釜から湯気と同時に

噴き出す、それを見ながら熱い焼けた薪を

引っ張りだすのでした。

 

米から飯になる、いい匂いだ、釜も落ち

着いて『コト・コト』言っている暫くして耳

を澄ましていると ピチ、ピチと音が

変わってくる、そしたら薪と云うよりも赤炭と

言った方がいいだろう、それを取り出します。

 

それがまた熱い、火かき棒は長いのに手の先、

顔まで熱さが伝わってくる遠赤外線で炎は

無くてもやたらと熱い、母に教えられた

ようにしました。

https://www.jittome-academy.jp/

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース