蕎麦美学のコンサルタント・(ご飯炊き)【その1-1】料理人への道

料理人への道、そして蕎麦打ち伝道師へ

(ご飯炊き)【その1-1】

私の中に遠い微かな記憶、既に両親は他界

しており昔の話を聞く事は出来ませんが、

当時の家の間取りなどが、脳裏に僅かに

残こっています、お勝手は土間で土壁でした。

 

釜戸は薪で、お勝手の外壁には薪が積まれて

いました、鉄釜の上には分厚い木の蓋が

載せられ、薪に火を付けるのも一仕事、

雨で湿っているとなかなか火が付かない、

細い枝木 又は杉の枯れ枝など用意して新聞紙

や古紙を用いて火を起こしました。

 

母が重い鉄釜に米を入れ研ぐ、寒い冬には

(あかぎれ)で痛そうにしていました、始めは

粗く洗い、水を少な目にして回しながら手を

入れてゆく、シャ・シャ・シャと心地良い

響きが伝わってきました。

 

現代は便利になりました、電子レンジで

「チン」直ぐに食べることができます。

 

今では無洗米もあり、炊飯をすることも

いらない時代になるのでしょうか!?

 

調理すらもいらない時代が来るのでしょうか!

・おふくろの味・家庭の味・地域の味

・和食の味・日本人の味・・・味覚の伝承

 

『三つ子の魂しい百までも』・幼き頃に覚えた

味は、生涯の財産になります。

 

生きる上での食育の大切さ、日本人の伝統を

継承しつつ新たな食文化を築いてほしいです。

 

調理技術の伝承が疎かになっている事を危惧

しているのは、自分だけでしょうか!!!

https://www.jittome-academy.jp/

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース