蕎麦の雑学 ②・そばの食べ方、音を立てて啜ることの重要性について

蕎麦の雑学

  1. ・そばの食べ方・・啜ることの重要性について

洋食のテーブルマナーでは、音を立て食べ

てはいけないとされていますが、

仏教の教えにも食事の音を立てては

いけないとされています。

 

しかしそば、うどんに関しては音を立てて

啜って良いとされているようです。

 

日本の食文化、箸の文化の影響があると

思います。

 

  • 味覚については、啜ることにより空気も

飲み込み鼻から息が抜けます、

その際に臭いを感じます。

ですから風邪などひいたときに、味が分か

らないと云いますが、鼻が詰まり息が鼻腔

を通過しないために味覚が分からないのです。

 

実験で鼻をつまんで食べると何を食べて

いるのかが分からないと云います。

 

  • 三つ子の魂百までと云いますが、物心の

付く時までに覚えた味は一生涯忘れない

と云います。

 

そう言う私も、幼き頃に父に連れられ、

蕎麦のつゆの味覚が今もあり、

この食の世界に入りました。

 

  • 人間未熟に生まれて来ます、そこの環境

で大きく左右されます。食は命を繋ぐ原点です。

産まれて直ぐに乳を飲みます、

すでに食育が始まっております。

 

産まれる前の母親の段階から食育、

食の大切さを考えなければなりません。

 

  • 日本食の素晴らしさは、世界にも認め

られて来ています、味覚は勿論、栄養の

バランスが良いこと、長寿の国である事

が証明されています。

 

中でも、長野県(信州)は長寿県です。

 

野菜の摂取量の多さ、信州と言えば蕎麦

の中に在るのではないでしょうか!!

https://www.jittome-academy.jp/

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース