最近とくに人気のある蕎麦の食べ方 ≪おろし蕎麦≫ があります!!

最近とくに人気のある蕎麦の食べ方

≪おろし蕎麦≫ があります!!

  • 蕎麦の上にたっぷりと大根おろしを

載せて、ぶっかけ風にして提供します。

  • もりそばと同じように、そば猪口に

入れて提供することもあります。

薬味には花鰹・長ネギ・さくら海老

・レモン、青味として(カイワレ大根)

を添えました。

 

春限定メニュー(桜おろし蕎麦)

お値段・1,290

  • 手打そば処「千本桜」上田店

富蔵家姉妹店

http://www.senbonsakura.jp/

 

 

             (コラム)

大根おろしで蕎麦を食べるのは江戸時代

からそばを栽培する農村で一般的な

食べ方であったと言われています。

 

 

蕎麦処・我が信州上田では、真田幸村に

ちなんで『真田汁』と呼んでいる

ところもあります。

 

 

善光寺平周辺では、同様の汁を

『おしぼり』と呼びます。

(辛味大根の汁を絞る)ことから

(おしぼり)と呼び、味噌と

花かつお・長ネギで食します。

 

 

そば汁の材料として、醤油が

普及するのは江戸の後期からと言う

ので、それまでは味噌あじの汁が

普通であったとのことであります。

 

 

蕎麦のほのかな甘味と辛味大根の

出会いがベストマッチングですね。

 

 

大根の辛味が命ですが、この伝統的な

(おろしそば)は蕎麦の味の濃い

田舎蕎麦であり、都会風な

(さらしな系)では合わないと言う

声があるのも確かなことです。

 

 

大根おろしには、ジアスターゼが

消化に良いことが知られ、ビタミンの

効用があげられます。

蕎麦を食べ過ぎた時など良いと言われます。

 

 

やはり蕎麦と大根の相性が好まれる

からでしょう。

https://www.jittome-academy.jp/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース