そば道具の基礎知識

164そば打ち「一日入門コース」実留アカデミー

⑨そば道具の基礎知識

そばを延ばし、麺帯をたたむと大きく

なります。

 

専用のまな板を用意しておきたいもの

です。

 

家庭用のまな板ですと、そばを切るのには

小さくて不十分です。

 

まな板に反りがあったり、凹凸があり

上手く切ることができません。

 

家庭用で濡らしてしまいますと

そば切りは、乾燥状態で使用したいので

共有は良くありません。

 

まな板のサイズは少なくとも、

40×90㎝くらいの大きさは欲しいと

おもいます。

 

そばを大きな玉で打ちますと延ばした

そばがまな板に収まらない場合があります。

 

家庭用のまな板しかない場合は、

そのような場合は、たたんだ生地を

半分や三分の一に、切り分けて

それぞれを切る方法があります。

 

http://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専門講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース