包丁の持ち方は、握り締めないこと

161そば打ち「一日入門コース」実留アカデミー

⑥包丁の持ち方は、握り締めないこと

包丁の運び方で乱れている人は、

包丁を強くにぎり締めています。

 

腕の力だけで包丁を支え、自分の力だけで

麺を切ろうとしています。

 

これでは麺は綺麗に切れません、

麺は小間板と包丁のガイドにより、

真直ぐにきれるのです。

 

麺帯の切り始めに小間板を置き、

包丁を小間板と麺帯に沿わせます。

 

包丁は真直ぐに立て小間板を沿えます、

次に麺を切りたい幅に包丁を傾けます。

 

この傾け角度により、麺の幅が決まり

ます。

 

包丁を垂直な面を保ち、刃先の平行を

維持しながら、包丁を前にスライドさせ

包丁の自重で切れば良いのです。

 

http://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専門講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース