そば包丁「そば切り」の姿勢

155そば打ち「一日入門コース」実留アカデミー

そば包丁「そば切り」の姿勢

 

そばを切る時の姿勢が重要です。

 

右利きの説明をします、左利きの方は

逆になります。

 

まな板とそばの麺帯に正対します、

右45度を向きます、右足を左のかかと

握りこぶし一個ほど開けた位置に下げます。

 

左足の「もも」はまな板を置く台に

触れています。

 

左手は小間板を押さえます、指の形は

親指・人差し指・小指は、真直ぐ伸ばし

中指・薬指は曲げて、小間板の上へ。

 

押さえこむ力は、7~8㎏をかけて、

小間板が動かないようにします。

 

http://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専門講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース