そば延ばしの順序

153そば打ち「一日入門コース」実留アカデミー

そば延ばしの順序

(1)手のし「地のし」とも言います。

手のひらでそば生地を平らにすることが

目的です。

 

今回のそば玉は練り上がりが(3㎏)

を丸延ばし」して行きます。

 

そば玉を円錐形にすることで、そば玉の

形が整えられます。

 

そば玉の上下に打ち粉を振ります、

手のひらを広げて指も伸ばして、

肘は伸ばすように体重をかけていきます。

 

そば玉を左に回転させながら、手のひらを

使い圧をかけていきます。

 

手のし「地のし」は、そば玉の厚さが

30mmとなりましたら、真上から見て

真円になったら完了です。

 

次の段階へ進みます。

 

 

http://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専門講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース