手打ちそば「延し」の技術

148そば打ち「一日入門コース」実留アカデミー

手打ちそば「延し」の技術

 

初心者は、麺帯を傷つける・破ってしまう、

と言う恐怖心から「延し」の力を抜いて

しまう。

 

時間が掛かり、麺帯表面が乾き「風邪をひく」

状態などで(太いそば)が出来上がります。

 

一方で、水を入れ過ぎた「ズル玉」のため、

めん棒の重さで伸びたり、自重で伸びる

ため「延し」ができません。

 

そばの外形を(丸形や四角形)に捕らわれる

のではなく、そば生地の品質を保ちながら

均一な厚さに「延ばす」ならすことです。

 

面白いことに、コツを掴み始めますと

中級の段階に入りますと、今度は強引な

力で延ばして、麺帯の端を薄く極限まで

延ばそうとします。

 

そばの外形を(丸形や四角形)に捕らわれ

全体の厚みを整えないで良し、としてしまう

のです。

 

見た目は、そばの外形が綺麗なためや

打ち方が、見違えるほど格好がよく

なって来ているため、自己陶酔するのも

この時期の人たちです。

 

しかし、 次の段階に入ると・・・・!!!

 

http://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専門講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース