そばの「湯ごね」について、「友ツナギ」とも言います。

141そば打ち「一日入門コース」実留アカデミー

そばの「湯ごね」について、「友ツナギ」とも言います。

 

湯ごねは、さらしな粉を使用する時、

または製粉状態が、手打ちそばに

適さない時などに、お湯を用いて

そばを打つのです。

 

普通のそば粉は、水溶性のタンパク質が

入っているため、水で繋がりますが

変わりそばなどに使う、さらしな粉や

御膳粉と呼ばれるそば粉は、ほとんどが

デンプン質なので、水では粘りが出ません。

 

そこで熱湯を使用してデンプン質を煮て

溶かすと「糊化」すると粘りができます、

「友ツナギ」とも言います。

 

http://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専門講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース