そば打ち・「水回し」の際の手さばきはどの様に・・・

140そば打ち「一日入門コース」実留アカデミー

そば打ち・「水回し」の際の手さばきはどの様に・・・

 

そば打ちの水回しは、初めの指先と手のひらを

使い分けて行ないます。

 

始めは、鉢の表面にこびり付いている粉を

こすり落とす作業になります。

 

乾いているそばが、鉢の中に残っていても

良いのです、それよりも水を多く含んだ

塊がたくさんある方がこまります。

 

固まっているようでしたら、指先で細かく

ちぎり、水を散らすようにします。

 

指先にも粉が多く付きますので、互いの

指先を使い鉢の中に落とします。

 

鉢の表面がこそげ取りおえたら、手の

平に移ります。

 

粉全体を平らにならし、両手を粉の上に

置きます、鉢の中で水平に回転させよう

とします。

 

この段階では、力を加えて練るのでは

ありません。

 

http://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専門講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース