良いそば粉とは、どのような粉でしょうか!

124そば打ち「一日入門コース」実留アカデミー

良いそば粉とは、どのような粉でしょうか!

 

そば粉は手打ちそばの、粉になるまでの

様々な工程を経てきます。

 

そのために同じ畑で、収穫された玄そば

でも、工程がことなれば全く違う方法で

打つことになります。

 

原材料の下処理をする、磨きの段階で

石・泥・茎などの不純物を取り除きます。

 

長期保存にするための最適、水分含有率は

14~15%で理想は16%といわれます。

 

この数値は、カビたり蒸れないよう保管が

大変です。

 

13%程度にすれば、保管がしやすくなる

のは良いのですが、手打ちをすると

繋がりが悪く、とても打ち難くなります。

 

長期に渡る保管の過程で、変化をします

ので、湿度や温度管理が必要になります。

 

良い原料「玄そば」・良い保管・良い工程

を経て、良いそば粉になります。

 

 

http://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専門講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース