蕎麦は江戸から続く食品です。

119そば打ち「一日入門コース」実留アカデミー

蕎麦は江戸から続く食品です。

 

人の味覚は、同じ素材でも温度により大きく

左右されます。

 

温かい方が敏感で冷たくなるほど、

鈍くなります。

 

冷たい「もりそば」を食べるときは、塩分の

効いた濃い「そば汁」が必要になるのです。

 

「そば汁」

鰹節のイノシシ酸・昆布のグルタミン酸、

合わせて使うと相乗効果は7~8倍にもなる

といいます。

 

醤油のアミノ酸と塩分が旨味成分を強調して

味醂や砂糖で甘さを調節することで三位一体

となった、「そばつゆ」を完成させたのです。

 

そばを食べ終えた後に、「そばつゆ」をそば湯

でかなり薄く延ばしても、美味しく感じられる

のは「そばつゆ」には、強い旨味が凝縮されて

いるからです。

 

 

http://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専門講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース