今日は出汁の取り方について、お伝えします。

108そば打ち「一日入門コース」実留アカデミー

今日は出汁の取り方について、お伝えします。

 

「かえし」に合わせる「だし」の取り方は、

和食と言うと「そば」も含まれるので、

日本料理での、出汁を引く場合は、

湯の4%以上は入れてはいけません。

 

嫌な臭いが出るからで、長く煮てもいけません

嫌な味がでるからです。

 

そば店では、このような「だし」の取り方は

しません。

 

古い文献を見ても、そば店では真逆と言える

出汁の取り方をします。

 

湯の5~8%の鰹節を投入して、それを

30分から2時間程に続けて「出汁」を

引きます。

 

この続きは、また明日にお伝えします。

 

 

http://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専門講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース