信州そば・・・手打ち二八そば「へそ出し」

信州そば・・・手打ち二八そば「へそ出し」

へそ出し」

菊練りが完了したら、次は練り上げた

そば玉の中に在る空気を押し出す作業

に入ります。

 

そば玉を両手の手のひらで挟むように

回転をしながら、しわを閉じていくと

閉じようとする部分が、「へそ」のように

見えるので、「へそ出し」といいます。

 

「へそ出し」の目的は次の工程の「延し」に

入ると、空気の部分が割れその部分が穴の

あいた状態になるのを、防ぐためなのです。

 

(ポイント)

・そば玉を両手で挟むように円錐形にします。

・そば玉の空気抜きが目的です。

・水回し、練りで行ったように、指についた

粉が乾くので、へそ出しが終わったら必ず

手を洗いましょう。

 

 

http://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専門講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース