信州そば・・・手打ち二八そば「練り」

信州そば・・・手打ち二八そば「練り」

「練り」

そばの「くくり」ができて、練りの作業

に入ります。

 

練りはそば粉の粘りを引きだす工程で

この作業に入る前に、必ず手を洗って

ください。

 

手や指について固まった粉が、異物や

ゴミの様になって練り込まれてしまう

からです。

 

そば玉を右手のひらで上から練り込む

ように、つぶしていきます。

 

このとき腕の力に頼らずに体重をのせて

いきます。

 

練りつぶした所を内側に曲げ入れ、全体

を左回転させながら、再度右手のひらで

練り込んでいきます。

 

この動作を繰り返していきます。

 

「菊練り」

内側に練り込みを繰り返しいくと

そばの中の空気が押し出され、

表面に菊の花びら模様ができます。

これが「菊練り」です。

 

両手で包み込むようにすると、

表面がしっとりしてつやが出てきます。

 

これで「菊練り」が完了です。

 

 

http://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専門講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース