信州そば・・・手打ち二八そば「水回し」

信州そば・・・手打ち二八そば「水回し」

◇食材料

そば粉・・・・・・・400g

小麦粉(中力粉)・・・100g

水・・・・・・225~240g

(粉の45~48%)

打ち粉・・・・・・・適量

 

水回し

「一鉢・二延し・三包丁」と呼ばれたり

「包丁三日、延し三ヶ月、捏ね三年」と

言われたりもします。

 

捏ね鉢の粉を良く混ぜたら、中央に集め

真ん中にくぼみを作り、加水は三回に分け

手入れます。

 

一回目は2/3の水を入れ、両手の指を開き

螺旋を描くように上下・左右へと交互に

動かし、丁寧に粉を混ぜ合わせます。

 

「そば」は「うどん」のように、ねかせて

「熟成」をさせないので、均一に水回しが

必要になります。

 

混ぜ合わせるときは、手のひらでお椀を

つかむような感じで、指先だけで行います。

 

再び中央に集め2回目の加水、残りの

水量の2/3をいれます。

 

手のひらで粉の塊をほぐすような動作を

繰り返し、力を加えません。

 

そば粉が小さな粒になりましたら、

3回目の加水になります。

 

残りの1/3を入れ、粉の色が黒ずみ始め、

そばの香りが立って、そばを打って

いると実感します。

 

一部の粉を手に取り、握ってみます、

耳たぶ硬さになればOKです。

 

最後に微調整をしながら、まとめに

(くくり)に入っていきます。

 

(ポイント)

・加水率は粉の45~48%が目安

・加水は数回に分けて入れれば

失敗は、少ないです。

 

 

http://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専門講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース