手打ちそばの道具「小間板」(こまいた)について・・・

手打ちそばの道具「小間板」(こまいた)について・・・

「駒板」とも書きます、手打ちそばを切る

時に定規の役割を果たす道具として、

用いる板です。

 

包丁を倒す角度と小間板のずらす間隔により

麺の太さ、細さを出します。

 

材質は、スギ・ヒノキ・キリなど。

 

地方によっては、小間板を使わずに切る

「手ごま」もあります。

 

手打ちそばを切る幅の均一化と速さ

安全性を考慮すれば、「小間板」の

存在は大きいのです。

 

「小間板」のサイズも、自分に合った

ものを手作りできますので、幅や長さ

立上げ板の高さも重要で、包丁が板を

超えますと手を切ることになります。

 

「小間板」の滑りも重要で、そばが

同時に滑ると、切り幅が出ずにそばが

切れなくなります。

 

 

http://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース