手打ちそばの道具「生舟」(なまぶね)・バット

手打ちそばの道具「生舟」(なまぶね)・バット

手打ちの生そばを入れるための、蓋つきの

木箱を「生舟」(なまぶね)と呼びます。

 

生そばを(なま)と呼び、箱を(ふね)と呼んだ

ことから名づけられました。

 

材質はサワラ・スギが一般的ですが、

キリ材が最適です。

 

手打ちの生そばを入れるための、

木材は、衛生面や取り扱いを考えると

プラスチック製品を使用した方が良い

と思います。

 

そばは風と湿気を嫌い、湿気を呼ぶと

香気をなくしてしまうので、そばの上に

キッチンペーパーを引きラップをして、

蓋をすると良いでしょう。

 

 

http://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専門講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース