そば米は、信州と関係がとても深い。

そば米は、信州と関係がとても深い。

そばの実を食用にするには、粉にするのが

普通だが、そばの実まま食べることがある。

 

鎌倉時代に石臼挽きが普及して、簡単に

製粉できるようになる前は、実のまま食べる

粒食であった。

 

古代にそば食が日常食として普及しなかった

理由は、そばの実の形を崩さないように

殻から取り出すことが、むずかしいからで

あった。

 

そば米の食べ方は、雑炊にするか・吸い物に

入れるかが一般的である。

 

雑炊は、だし汁に同量のご飯とそば米を入れ

野菜、きのこ、鶏肉などで味付けをする。

 

他に、お茶漬け、とろろ飯、ちらしずし、

おはぎ、豆腐のかぶら蒸し、酢味噌あえ、

など工夫をすると面白い。

 

そば米を食べているのは、日本だけではなく

旧ソ連のカーシャは、ミルクやバターを

入れたスープ仕立てのそば粥である。

 

アメリカは、ミルクにそば米を入れ、

塩やバターで味付け、砂糖や蜂蜜を

加える。

 

そばが健康食といわれるのは、

タンパク質やビタミン類が多く含まれ

消化が良く、特に血管の老化するのを

防ぐルチンが多く含まれているからで

ある。

 

そばの食べ方は、様々ある。

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース