年越しそばの由来・・・①

年越しそばの由来・・・①

大晦日は、そば屋さんのかき入れ時である。

 

毎年のように、テレビやラジオで年の瀬

として報道され、年越しの風習となって

いる。

 

「年越しそば」は「歳取りそば」・「大年そば」

「晦日そば」・「大晦日そば」とも言われる。

 

今は、十二月三十一日にたべるのだが、

「年越しそば」を節分の夜に食べる習慣も

あった。

 

「年越し」のもとは節分の夜、年を越すことを言い

鎌倉時代に旧年を送り新年を迎えるのを「年越し」

と呼ぶようになった。

 

「年越しそば」を食べる風習は、いつ頃かは

さだかではない。

 

江戸にそば屋ができたのは、江戸の初期だが

中期にはその風習があった。

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース