信州そばと味噌

信州そばと味噌

日本最初の「料理物語」に、

「そばのつけ汁には垂れ味噌がいい」と

書かれている。

 

この頃は、醤油はできていたが、一般には

まだ普及せずに、そば・うどんは味噌味で

食べていた。

 

私も、50年も前になるが、「おしぼりそば」

を食した事がある。

 

強烈な印象を今でもあり、素朴でこんな食べ方

もあるのだなと記憶に残る。

 

味噌は自家製で大豆の粒が口に残る。

 

大根は畑から、引き抜いたばかりで、泥が付いた

ままで、手押しの井戸水をかけながら洗い、

タワシではなく、わらを束ねてある。

 

大根は普通の大根に比べ小さく、これは辛い大根

と聞かされ、硬い大根で下すのに力が掛かった。

 

手ぬぐいで、絞ると辛味大根の白い汁が取れた。

 

味噌汁の椀に、大根の汁を入れ、味噌を溶きながら

好みの量を入れ、鰹節はカンナで下すと少し赤み

のある鰹削りが取れこれもまた美味い。

 

これらを合わせ、つけ汁としての蕎麦は、とても良い

印象が残っている。

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース