家庭で簡単にできる、そばつゆの作り方<part2>

家庭で簡単にできる、そばつゆの作り方<part2>

醤油(1.8ℓ)と味醂(200㏄)を中火で加熱

煮立ったら砂糖(75g)を入れ、火を消す。

(本かえし)を10日程は寝かせる。

 

水(1.8ℓ)に昆布(30g)を入れ沸騰寸前に

取り出し、鰹節(75g)を入れ弱火で30分

煮て布で漉して、だしを取る。

 

「つけ汁」は、だし汁10に「本かえし」2の

割合で合わせる。

 

「かけ汁」は、だし汁9に「本かえし」1の

割合で合わせる。

 

だしの材料になる鰹節にも様々ある。

 

脂分の少ない春節、脂分の多い秋節、

形や大きさからくる・本節・男節・女節

・亀節、カビつけをしない荒節、

カビつけした枯節、カビつけを3回以上した

本枯れ節。

 

鰹節以外にも、鮪節・宗田節・鯖節・鰯節

など。

 

昆布にても、利尻昆布・日高昆布・羅臼昆布

・真昆布・長昆布・細目昆布など

天然昆布、養殖昆布もある。

 

だしの取り方は、その分量、時間の関係もあり、

千差万別である。

 

「かえし」も材料の割合、火にかける時間、

熟成期間などよって味に違いが生じる。

 

江戸時代から、そば店では独自の工夫がなされ、

各地域で、味の違いが生み出された。

 

そのようになった所に、面白さがあり、

奥深さがある。

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース