「そばの美味しさは、そばと汁が半々」と言われたりもする。

そば汁の作り方

「そばの美味しさは、そばと汁が半々」

と言われたりもする。

 

江戸のそば屋さんで、「醤油と鰹節」を

使うようになって、そば切りが美味しく

なった。

 

汁の作り方は、店によって秘伝とされて

いるが、基本は・・・

 

まずは「かえし」と言われる、醤油と砂糖

(味醂)を混ぜた汁を何日間も熟成させる、

これを「だし」と割混む。

 

「かえし」には「本かえし」(煮立て、醤油を加熱)

「生かえし」(醤油に水で煮溶かした砂糖)を加える

「半生かえし」(一部の醤油に砂糖を煮溶かす)。

 

これを寝かすことで、熟成させ醤油の角をとり、

汁に「コク」を持たせる。

 

そば店によっては、「かえし」を取らずに、

直接「だし」を合わせるのもある。

 

「かえし」の作り方、熟成の時間、「だし」の

合わせ方などで、汁の味が変わってしまう。

 

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース