そばを食べる時の汁を「つゆ」か「たれ」、どちらか?

そばを食べる時の汁を「つゆ」か「たれ」、どちらか?

 

一般的に、「つゆ」は水気の多いサラリとした

感じのもの。

 

天ぷらは「つゆ」である。

 

「たれ」はドロリとした濃い感じがする。

 

天丼・蒲焼・焼き鳥は、「つゆ」ではなく「たれ」

である。

 

料理の「吸い物」を「おつゆ」と呼ぶこともあり、

つけて食べるそばは、「天丼・蒲焼・焼き鳥」

からすると、「たれ」と呼んでもおかしくはない。

 

そばの汁は、一般的には「つゆ」と呼ばれる。

 

温かい汁をかけたそばのことを、「つゆそば」

と言う。

 

そば汁については、「大根の汁・花かつお・おろし

・アサツキの類・からし・わさび」を加えて良い

とある。

 

北信地方【長野市の南部から更埴、上田地方】に

かけて「おしぼり」と言う、そば・うどんの食べ方

がある。

 

辛い鼠大根のおろし汁に、信州味噌、花かつおを

入れたものを「真田汁」と言う。

 

「信州そば」は、原料・技術・人材で江戸の

文化形成に多大な役割を果たした。

 

汁に関しては、江戸のそば店では独自の発展

を遂げ、かつお節の出汁と醤油による汁である。

 

汁の美味さが、そばの美味さを引きたてることに

になる。

 

そば談義に「そば通が死ぬ時に、一度たっぷり

汁につけたそばを食べたかった」と言ったという

話がでる。

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース