そばの薬味は大根おろしとネギが主役

薬味は大根おろしとネギが主役

そばに薬味がいつ頃か用いられるように

なったのか?

 

古くからあると思われ、そば切りが

自家料理から商いとして売り出された

江戸の初期、薬味が見られる。

 

薬味として「大根の汁・花かつお・おろし・

あさつきの類・からし・わさびを加えてもよし」

とあり、現在とほぼ変わらない。

 

カツオブシは生では食べずに、干して食べた。

堅くして食べたので、カタウオからカツオ

となった。

 

そばの薬味には、大根おろしとネギが主役であり

七味唐辛子を加えて、薬味の御三家と言う。

 

七味唐辛子よりもワサビを好む人が多い。

 

その他に薬味として、ノリ・アサツキ・ユズ

・青ジソ・ショウガ・サンショウなどもある。

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース