そばのつなぎ(さまざまなツナギ)

そばのつなぎ(さまざまなツナギ)

生粉打ち(きこ)は、そば粉100%で打つこと。

 

新そばが出回る11月から3月ごろまでは、

ツナギ無しでも打ち易い。

 

一般にツナギに小麦粉が使われる。

 

江戸の中期の料理書にも、ツナギには

「うどん粉」とある。

 

そば粉にはグルテンという、タンパク質

がないため水で捏ねても繋がりにくい。

 

そのため色々なツナギを考案することに

なる。

 

そば粉自体をツナギにする方法もある。

 

「友ツナギ」といわれ、湯ごねをする

生粉打ちの一種である。

 

ツナギの小麦粉は一~二割ぐらいが

生粉打ちより美味いという人もいる。

 

麺の長さ・腰・歯触りがちょうど良い

からと言うのである。

 

ツナギは、小麦粉の方が癖がなくていい。

 

山間部では、貴重な食料であったので

そばのツナギには、手近で安く代用できる

ものを工夫した。

 

各地に様々なツナギがあるのは、そのため

である。

 

山芋・葛粉・大豆粉・豆腐・山ゴボウ

フノリ・・・

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース