「もり」と「ざる」の違いは、なんであるのか?

「もり」と「ざる」の違いは、なんであるのか?

「もり」と「ざる」はどこが違うのか。

 

「もり」に海苔をかけたのが「ざる」という

のが、通用し常識化している。

 

江戸の初期、もりは「ざる」(笊)に盛った

その当時は、ざる に入れたそばを蒸した、

そば屋では、ざる から専用の せいろ(蒸籠)を

使うようになった。

 

江戸の中期、「伊勢屋」が小型の ざる を使って

評判になった。

 

もりの中で竹製の ざる に盛るのを「ざる」と

呼んだわけで、容器から出た名前である。

 

「もり」に海苔をかけて「ざる」として売り出した

のは、明治になってからである。

 

種物そばに「花巻」(もみ海苔を散らしたかけそば)

からヒントを得たとも言われる。

 

「もり」よりも上等なイメージがあったかも

しれない当時は、「ざる汁」として「もり汁」

よりもコクのあるものを使ったという。

 

現在、「もり」と「ざる」の汁を分けている

ところはあるのだろうか!!

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース