そば店の中には、「手打ち」と掲げるそば店も多い。

そば店の中には、「手打ち」と掲げるそば店も多い。

「手打ち」は「機械打ち」ではない「手作り」

の意味に使われている。

 

「手打ち」と「機械打ち」は対称的に使われるが

「手打ち」は製麺機ができる、以前からあった。

 

俳諧書「毛吹草」の川柳に、

  • 「御手打ちに なるとは知らで 蕎麦の花」
  • 「うぬ今に 手打ちにするぞ 蕎麦の花」

 

一般的には、味や香りの差は分からない。

 

太さが不揃いで、切れ端などがあると

「これは手打ちだ」と言いたくなる。

 

  • 本来「手打ち」は「手ずから」、

つまり「主人みずから打ったそば」と

いう意味でであった。

 

「打つ」は捏ねたそば粉を、のし棒に

巻き付け延し板に打ち付ける事を

言ったものである。

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース

次の記事

そば会席料理