『もりそば』は、『むしそば』であった。

『もりそば』は、『むしそば』であった。

茹でたそば切りをさっと水で洗って笊にとり、

茹で湯か白湯を入れた桶の上へ置く。

 

そして、上から熱湯をかける。

下からの湯気と上からの湯を通すために、

容器は笊が適当であった。

 

それが、簾を張った蒸籠を使うようになり

蒸すことをしなくなっても、水気を切るのに

便利な蒸籠が容器として残った。

 

「もりそば」を「せいろ」と品書きする

そば店は、今もある。

 

「むしそば」は、元禄の頃まで続いていた

らしい。

 

「けんどんそば」というそばが、売り出されて

姿を消した。

 

容器も蒸籠ではなく、皿か椀で提供している。

そば代、十六文である。

 

文献の中に、時代の変遷がうかがえる。

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース