そばの美味しい食べ方

そばの美味しい食べ方

  • そばは一口で食べられるくらいの量を箸で引き上げる。

そのそばの三分の一から二分の一をつゆにつける。

甘口であったらもっとつけても良い。

一口味わってからでも遅くはない。

諺に「そばは三分」があり、三分ぐらいつける

のが、そばの香りや味を楽しむ、食べ方である。

 

  • そばつゆを始めに、猪口いっぱいに入れない。

食べながら、少しずつ継ぎ足すと味が変わらない。

 

  • そばは自然に噛み、噛まずに飲んだり、わざと噛まない。

そばの淡さ、つゆの濃さを舌の上で楽しみ、喉越しの

感触を楽しむ。

 

そばを食べ終わったら、そば徳利に残った汁を猪口に

注ぎ、少量残した薬味の葱を入れ、そば湯をさして

飲み、そば湯の余韻を楽しんでほしい。

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース