日本そばは、食べ方に地域性や特異性がある。

日本そばは、食べ方に地域性や特異性がある。

  • 「信州そば」は、信州の土地や人が大きく

貢献して、江戸で発達したそば文化。

もり・ざるそばの場合、汁の入った器に

そばを運びながら食べる。

薬味も汁も器に入れる。

  • 「出雲そば」は、割子という器にそばが

入っており、汁や薬味をかけて食べる。

  • 「ぶっかけそば」があり、あらかじめ汁

が入っている。

  • 「かけそば」・「釜揚げ」の違いもある。
  • 「温もりそば」や「汁のみ温いそば」
  • 「お荷かけそば」、「投じそば」
  •  水蕎麦
  •  塩

 

※ 何れにしても、そばと汁の合わせかたの違いがある。

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース