信州・品質の良いソバは『霧下そば』と呼ばれる。

信州・品質の良いソバは『霧下そば』と呼ばれる。

信州がソバの名産地になったのは、

栽培条件が適している土地柄であった。

 

焼畑による農業の最初はソバであった。

 

干ばつに強く、病害虫の防除や草取りも

要らない。

 

他の作物と比べ、手が掛らない。

 

特に冷涼な気候に合い栽培期間が

約七十五日と短い、救荒作物としても

向いている。

 

しかし、ソバは霜と風に弱い。

収穫時期に台風被害にあうと倒伏してしまう。

 

そのため、そばは口に入るまでは分からない

とも言われる。

 

品質の良いソバは『霧下そば』と呼ばれ、

霧がまくような土地、日中温度の差が10度以上

ある土地に美味しいソバが取れというのである。

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース