そばは主食ではなかった・この文言に大いに、脅かされました。

そばは主食ではなかった。

この文言に大いに、脅かされました。

縄文時代から栽培されていたソバ!

ではあるが・長い間日本人の主食には

ならなかった。

 

最も大きい理由は、大量の製粉が難しかった

事である。

 

石皿で摺り潰す・石で叩きつぶす、原始的な

方法で製粉が行われていたとみられる。

 

硬いソバの実を石臼無しで粉にしようとすると、

そば粥までは何とかできるが、粉状にして

そば切り(そばの麺)にはできない。

 

人力で大量のソバ粉を取り出すのは重労働ある。

 

縄文から平安時代まで、製粉から考えると

粒食が主で、粉にした場合「そばがき」した。

 

「そばがき」は鎌倉以後室町時代の文献に

登場するようになった。

 

鎌倉初期に中国から伝来した「挽き臼」が、

『そばの文化』に大きな変化をもたらす

事になります。

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース