≪ソバの原産地≫

≪ソバの原産地≫

食用のそばには二種類あります。

 

普段・日本人が食べているのは、

甘ソバと呼ばれます。

 

もう一つはダッタンそば、苦そばといわれ、

ロシア、中国、ヒマラヤ(ネパール・ブータン)

東欧諸国などで食べられています。

 

ソバの原産地は、中国西南部の雲貴高原あたり

と言われます。

 

日本へは、朝鮮半島、対馬を通ってきたのが

一般的とみられています。

 

ただ、最近の遺跡調査で北日本の縄文遺跡から

ソバの種子が出土していることから

シベリア方面から北日本へ伝播したものもある

のではないか?

と言われます。

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース