蕎麦(そば)は、縄文時代からあったと言われています。

蕎麦(そば)は、縄文時代からあったと

言われています。

縄文草創期に焼畑によるソバの栽培が

あったと推測され、蕎麦の花粉分析から、

当時の気温は今よりも3~4度低く、

冷涼な気候であったと分析され、

この時期にソバが栽培されていたとすれば、

ソバは日本人の栽培食物で最も古いもの

になります。

 

ソバが発見された、東日本で蕎麦の栽培と

ソバ食があったとすれば、焼畑による耕作

と思われます。

 

当時の東日本は、冷涼で積雪が深く、

雪解けが遅いことを考慮すれば、

七月下旬から八月中旬にかけて焼畑と

種まきをする。

 

そこで穀物の作付けと生育期間を

考えると「ソバ」のみしかできない

事になります。

 

※≪ソバの生育期間は、七十五日≫です。

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース