蕎麦屋さん・『蕎麦つゆ』人それぞれ顔が違う様に、味覚もちがいます。

蕎麦屋さん・『蕎麦つゆ』人それぞれ顔が違う様に、味覚もちがいます。

 

蕎麦屋さんの必要条件とは何か!!

 

≪まあまあかな?≫という言葉ほど厳しく、

怖いものはないです!

 

第一印象がとても大切です。

 

『蕎麦つゆ』

人それぞれ顔が違う様に、味覚もちがいます。

 

甘い汁が好きな人、辛い汁が好きな人。

 

最近と云うよりは、多くの人は汁に

ドップリと浸けて食べます。

 

汁に蕎麦の端とチョッコト浸けて、

音を立てながら啜(すす)る人は大変少ないように

見受けます。

 

蕎麦チョコの中にたっぷりと汁(つゆ)を入れ、

薬味のネギと山葵を全部いれ掻き混ぜて、

蕎麦を蕎麦チョコにたっぷりと投げ込み、

掻き混ぜてから・口いっぱいに放り込み、

もぐもぐと掻きこむ様に食べる人もいます。

 

手間暇かけて作り上げた蕎麦をもっと粋に

食べてほしい。

 

と思いつつも、多くのお客様を捌く中で

食べ方の薀蓄を述べることも儘(まま)ならない。

 

粋な食べ方として、噛まずに喉で食べると

いう方もいらっしゃいますが、

これも如何なものか?

 

噛むことにより、蕎麦の風味がでます。

 

啜(すす)ることにより空気も入り、噛んで蕎麦の

風味が出て、鼻腔に抜けることで蕎麦の

味覚が解るのです。

 

そして端に付けた汁が口の中に入り、つゆと

蕎麦が混然一体となり蕎麦を引き立てます。

 

乾麺の影響も多々あるかと考えます。

 

乾麺は麺線の表面が滑らかなため、

汁が付かない・付きにくい、と言った方が

良いでしょか!

美味しさを感じるためには、ドップリと汁に

付けてと言うより、汁と一緒に食べる

感じです。

 

温かい蕎麦は、汁と一緒に食べます。

 

また「ぶっかけ蕎麦」も「つゆ」と一緒に

食べます。

 

こんなことを言っていると、好きなように

食べさせろよ!!

と言う声が出て来そうです。

 

落語ではないですが、粋な蕎麦喰いが死ぬ

までに一度でいいから蕎麦をドップリと浸けて

食べたかった!!

 

と言われそうです。

 

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース